最初にしなければいけないこと

印鑑証明書イメージ

「実印と印鑑証明書を用意してください」と言われた場合、まず最初にしなければいけないことは、どのようなことなのでしょうか。

実印と印鑑証明書を用意しなければいけない場面が訪れた場合、最初にしなければいけないことは、自分が住民登録している市区町村役場で、過去に印鑑登録をしたことがあるかどうかを確認することです。

印鑑は持っているだけでは、実印として機能することはありません。
市区町役場で印鑑登録をすることで、印鑑は初めて実印として認められることになるのです。
そして、印鑑登録の手続きが終わると、印鑑証明書を取得出来るようになります。

実印や印鑑登録証明書(印鑑証明書)が必要になる場面には、「自動車を購入、売却する」 「土地などの不動産の取引をする」「遺産を相続する」「公正証書を作成する」 「住宅ローンを組む」など、さまざまな場面があります。

このような場面が訪れたときに、印鑑登録をしていない場合は、実印も、印鑑証明書も用意することが出来ませんから、すぐに登録の手続きをしてください。

印鑑登録の手続きには、健康保険証などの本人確認が出来る書類と、登録する印鑑が必要になります。

即日登録を希望する場合は、パスポートや運転免許証のような官公署が発行した本人の顔写真付きの証明書を提示する必要があります。

受け付ける市区町村役場によって、印鑑登録の方法に違いがある場合がありますから、役所の受け付け窓口などで印鑑登録の方法について確認することが大切です。

ちなみに会社の場合の代表印はちょっと内容が違いますが、大事なものであることに変わりはありませんよ。

ページの先頭へ