不動産登記をする

イメージ画像

自動車を購入したり、手放したりする場合、実印と印鑑証明書が必要になります。
住民登録をしている市区町村役場で、印鑑登録の手続きは済んでいるでしょうか?
印鑑登録の手続きをしていなければ、印鑑証明書を取得することは出来ませんから注意してください。
印鑑登録の手続きをすることで、印鑑は初めて実印として認められて、印鑑証明書が取得出来るようになるのです。

しかし、印鑑登録は難しいものではありません。
住民登録をしている市区町村役場へ行けば、印鑑登録をすることが出来ます。
印鑑登録をする際には、健康保険証などの身分を証明出来るものと、登録をする予定の印鑑を持って行ってください。
身分を証明するものとして、官公署が発行した本人の顔写真付きの証明書を提示出来れば、
即日登録も可能ですから、即日登録を希望している場合には証明書を持参しましょう。

即日登録の際に必要になる証明書は、運転免許証やパスポートなどの身分証明書になります。
印鑑登録の注意点は、手続きをする市区町村役場によって多少の違いがあることです。
受付窓口などで、確認してください。
法人での契約も代表印が必要になってくることがありますよ。

新車購入時の契約や自動車の譲渡、廃車の手続きなど、
自動車に関することで、実印と印鑑証明が必要になる場面にはさまざまなものがあります。
自動車に関してこうした手続きを考えている場合は、早めに印鑑登録を済ませておくと良いでしょう。
大きさや材質など、印鑑登録出来る印鑑には決まりがありますから、
事前に登録出来る条件を調べておいて、決まりに沿った印鑑を用意することが必要です。

このページの先頭へ