自動車に関する手続き

イメージ画像

印鑑証明を利用する場面には、さまざま場面があります。
そのさまざまな場面の中の一つが「不動産登記」ですが、
そもそも不動産登記とは、どのようなものなのでしょうか。

土地や建物には所有者が存在しますが、その所有者が誰であり、どこに住んでいるのか、
その土地や建物がどこにあり、どれだけの面積があるのかなどを一般公開し、
権利関係や物理的現状をどのような人にでもわかるようにすることが不動産登記です。

不動産登記は、登記所である法務局、地方法務局、その支局や出張所で行われます。
これらの登記所には、登記簿と呼ばれる帳簿があり、この登記簿に登記事項が記録されることになります。
この記録を行うのは、登記所に勤務する登記官です。

不動産登記をすることで、さまざまな効果を期待出来るようになります。
不動産登記が行われ、登記簿に登記事項が記録されると、その記録が一般に公開され、
土地や建物の物理的現状や権利関係がどのような人にでもわかるようになります。
これによって、不動産取引がスムーズかつ、安全に行われることになります。
そして、登記を行うことで、自分の権利を第三者に主張できるようになります。
この不動産登記を行うために、印鑑証明が必要になります。

しかし、印鑑証明書を取得するには、住民登録をしている市区町村役場で印鑑登録をする必要があります。
印鑑登録が出来ていなければ、印鑑を実印として使用することも、
印鑑証明書を取得することも出来ませんから、不動産の取引を考えている場合は、
印鑑登録についても考える必要があるでしょう。
法人の場合にも同じようなことが言えます。
代表印が必要になってくる機会は多いことでしょう。

このページの先頭へ