公正証書を作成する

イメージ画像

公正証書という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
公正証書とは、公証人がさまざまな法律に則って作成する公文書のことになります。
公証人は、民事に関する公正証書を作成したり、私署証書や定款に認証を与える権限を持っています。
土地や建物などの賃貸借に関する公正証書や遺言公正証書、
離婚時の慰謝料や教育費の支払いに関する公正証書など、公正証書にはさまざまなものがあります。

法律の専門家である公証人が作成する公文書ですから、公正証書には高い証明力が発生することになります。
作成しておくことで、これから先、起こるかもしれない争いを予防する効果を期待出来ます。
公正証書には、証明力の他にも大きな効力を期待出来るものがあります。
それは、その執行力です。

たとえば、約束された金銭の支払いが滞り債務不履行になった場合、
その旨が記されている公正証書があれば、強制執行が可能になります。
この執行力によって、債権の回収を速やかに行うことが出来るようになるのです。

公正証書を作成することを考えている場合には、すみやかに印鑑登録の手続きをして欲しいと思います。
印鑑登録をしなければ、実印も印鑑証明書も手に入りません。これは法人の場合も同じです。
代表印を使ってしっかりと法人であることを証明しておきましょう。
公正証書を作成する場合には、実印と印鑑証明書が必要になりますから、忘れずに印鑑登録してください。
実印を作成して印鑑登録をすることで、印鑑証明を取得出来るようになりますから、
まず、印鑑証明書を取得するために、市区町村役場で印鑑登録出来る実印を作成することが大切です。

このページの先頭へ